名古屋・東京新宿メイルクリニック 男性泌尿器の悩み相談室

包茎包茎手術・早漏・性病等の男性泌尿器の悩みを解決していく相談室です

第36話
カントン包茎治療後に長茎・陰茎増大(画像あり)

2006Nov6

仮性包茎の場合は「見た目」を良くしたいと来院される方が多いのですが、真性包茎カントン包茎の場合は「見た目」の問題以前に正常な性行為が出来ないケースや衛生面の問題で炎症を繰り返しピンホール真性包茎(診療日記第30話参照)になるケースもありますので、早期の治療をお勧めします。
又、仮性包茎の場合でも炎症を繰り返してカントン包茎や真性包茎になるケースもありますので炎症を繰り返す場合は包茎治療をお勧めします。

10月に来院された59歳の患者さんの場合はピンホール真性包茎で炎症を繰り返していたことによって尿道口が塞さがれてしまい、排尿障害を起こしていた人もいました。
尿が出にくくなった為に時間がかかるばかりではなく、途中で止まってしまったり、頻尿になったりして夜も眠れない状態になっていたと。
残念な事に長期の炎症により亀頭と包皮が癒着して一体化していたために亀頭を露出させることが出来ない初めてのケースとなりましたが、通常の手術の2倍以上の時間がかかりましたが、なんとか亀頭の先だけは露出できる状態となり、尿が普通に出るようにはなりました。

後日ご紹介させて頂きますが、65歳の真性包茎の患者さんの場合はやはり炎症により亀頭と包皮の癒着がありましたが、無事に癒着も剥がれ亀頭が露出した患者さんもいましたし、68歳のピンホール真性包茎の患者さんの場合は、診療日記26話30話が自分と同じ状態だったと。同じ様に困っている人のために、写真を使って下さいという患者さんも来院されました。

今回ご紹介する患者さんは57歳でカントン包茎の治療をご希望と8月に来院されました。手術を決断されたキッカケは7月に尿管結石の手術をした時に恥ずかしい思いをしたとのことです。そのためにカントン包茎の手術と長茎を希望されましたが、まずはカントン包茎の手術のみをして、様子をみてもらう事になりました。
2カ月後の10月に見た目を良くしたいと再来院されました。
この患者さんの場合は埋没陰茎といって皮下脂肪によりペニスがお腹に埋まっている部分があるため長茎手術と陰茎が収縮する力が非常に強いため陰茎増大(脂肪注入)が効果的です(診療日記32話参照)が、予算の都合でどちらか一方を希望されましたが、モニター価格にて長茎手術と陰茎増大の治療を施行しました。

 
手術前の状態ですが、ペニスがお腹に埋まっている事と陰茎が収縮している事で通常時の長さが短いです。

 
長茎手術と陰茎増大の手術直後ですが、見た目が良くなり患者さんは喜んでおられました。
(患者さんに喜んで頂くと、こちらも嬉しい限りです。)

●アドバイス

包茎手術等で亀頭が露出すれば治療前に比べて見た目が良くなりますが、埋没陰茎の人は長茎手術、包皮が薄い人は陰茎が収縮しやすいため陰茎増大をするとさらに見た目が良くなりますよ。
又、メール相談で真性包茎やカントン包茎は自分で治せませんか?と問い合わせがありますが、自分で治すことは難しく放置すればするほど状態は悪くなります。
確かに逆の立場になれば、恥ずかしい、怖い等、心配や不安が多いとは思いますし、手術となれば勇気も必要だとは思いますが、状態が悪くなる前に治療をお勧めします。
皆様の心配や不安を少しでも解消出来るように、今後も診療日記で正確な情報を出していきたいと思います。

カテゴリー

最新エントリー